何度見たか分からないノッティングヒルの恋人

ノッティングヒルの恋人と言う20年近く前に公開された古い映画が大好きです。
主人公はヒュー・グラント演じる旅行本専門店と言うニッチすぎてお客さんが全然来ないお店を経営しているウィリアムと言う冴えない中年男性です。
住んでいるところはイギリスの首都ロンドンの西に位置するノッティングヒルと言う町で、蚤の市が有名です。
この町が舞台になっていることから原題・邦題共にノッティングヒルと言う名前がついています。
主人公は前妻が男と駆け落ちをして、初恋の女性は親友と結婚すると言う具合に恋愛には縁がないものの、友人たちに囲まれてそれなりに生活しています。
そこに、ハリウッドの大女優であるアナが現れ、二人は身分違いの恋に落ちます。
アナは、ロマコメの女優のジュリア・ロバーツです。
私は今までジュリア・ロバーツはそこまで魅力的だと感じていなかったのですが、ノッティングヒルの恋人を見て、すっかり魅了されてしまいました。
日本人の一般的な好みからは離れた顔立ちのように思うのですが、この女優さんの笑顔は、本当に花が開く瞬間を目にしたように魅力的なのです。
ストーリーは色々な障害があって、結局二人が結ばれると言う古典的なラブコメですが、ノッティングヒルの人たちの暖かな雰囲気と、アナの魅力で何度でも見たいと思えるとても良い作品です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*