ウオーキング・デッド シーズン8 第9話のあらすじ&感想


ウオーキング・デッドシーズン8後半戦

待ちに待ちましたがついにFOXチャンネル、Huluで始まりました!

私はこの番組のためにHuluを契約してるといってもいい位なので、後半戦が始まるのを心待ちにしておりました。

いやー長かった!!

シーズン8前半のラストでカールがウオーカーに噛まれていましたね。

衝撃の事実に動揺せずにはいられませんでした。

カール・・・涙せずにはいられませんよ!

ウオーキング・デッド シーズン8 第9話のあらすじ・ネタバレ

モーガンは一人聖域を見張っている。

救世主たちがウオーカーに囲まれたアジトから逃げ出すためウオーカーを銃で撃ちまくり。

倒れたウオーカーの間を通って逃げていく。

アレクサンドリアの地下道に隠れているリック、ミショーン、ダリルをはじめとする仲間たち。

カールがウオーカーに噛まれた引き換えに助けた男。

名前はセディク。研修医をしていた。

ウオーカーに噛まれ弱っていくカールを見ていられないミショーン。

ロジータと共にヒルトップへの移動を提案するが、ドワイトは救世主の攻撃が収まってから移動するべきと言う。

それに従うことにする。

モーガン、キャロルはエゼキエル救出のためキングダムに潜入する。

2人はキングダムにいる救世主を全滅させ、無事エゼキエルを救出する。

暴走中のモーガンだが、エゼキエルらの言葉で追い詰められたギャビンを殺すのを躊躇していたが・・

キャロルについてきたキングダムの少年が殺してしまう。

瀕死のカール。

救世主の攻撃が収まりヒルトップの仲間たちに別れを告げる。

リックとミショーンが残り、カールを教会に運ぶ。

そこでカールは2人に別れを告げ

カールは銃で自らの命を絶つ。

ウオーキング・デッド シーズン8 第9話の感想

悲しい、悲しすぎます・・・

カールには生きていて欲しかった!

カールはシーズン1にはまだ小さな少年でした。

それが、母親の死を受け入れることで今までの少年としての自分。

幼い自分を捨て、一人の勇敢な大人の男として成長しました。

シーズン7の冒頭で惜しくもニーガンによって殺害されてしまったグレン同様に

強く、強く、優しく

アレキサンドリアの皆を助け、果敢に困難に立ち向かっていました。

そして誰よりも、父親のリックよりも、正しい正義感を持っていたと思います。

カールの存在は、このウオーキング・デッドという作品のなかでの「希望」だと思っていました。

とても素晴らしい人物でありました。

話の中で、白髪のリックの団欒シーンがありましたよね?

このまるで夢のような幸せ溢れるシーンは、カールが人生の最期に願っていた理想の暮らしだったのでしょうか。

その中に、可愛らしく成長しているジュディスの姿が印象的でしたが

カールの代わりの「希望」という事なのでしょうか・・・

そうであってくれることを、強く願わずにはいられません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*